2021/05/01 23:02



今回はアイアン家具に最も適した木材について当店なりの解釈を説明したいと思います。


木材には軟木と堅木がある

まず、木材というものは大きくわけて、軟木と堅木に分類されます。

軟木は文字通り軟らかい木で、桐や杉、松などの針葉樹を指し、堅木は硬い木で、楢やケヤキなどの広葉樹を指します。

適材適所と言葉があるように、軟木には軟木の、堅木には堅木のよさがあり、特に優劣があるわけではありません。
一般的には用途や目的に合わせて使い分けられるものです。

さて、それでは本題を考えてみたいと思います。

アイアン家具にとっての適材とは一体なにか。

結論から申し上げます。

それは・・・ずばり・・・「軟木」です。



当然、アイアン家具に求めるものは人それぞれであるため万人が納得する答えはありません。あくまでも当店が理想とするアイアン家具の視点から考えた時、もっともアイアン家具に適してると考えられる木材は軟木であるということになります。


なぜ軟木がアイアン家具に適するのか

ではなぜ軟木がアイアン家具に最も適しているのか、それは以下の理由となります。


①軟木は繊維密度が低いため、蓄熱効果があり温もり、温かみがある。


②ソフトな触感で、触り心地、肌触りがいい。


③年輪が広く木目が綺麗。


④ステインやワックスなどが染み込みやすくさまざまな風合いの表現が可能。


⑤傷がつきやすいことで、革製品などと同様に使用する中で味わいがどんどん深まる。



以上のことに加え、硬い鉄と軟木という組み合わせは、無機と有機、人工と自然、そういったアイアン家具の持つ相反する性質の掛け合わせによる調和(バランス)と同類のもであり、言語化できないアイアン家具の美しさの根源的性質でもあると思うのです。

アイアン家具は、シンプルであるが故に奥深い家具だと思います。

出来た時が完成ではなく、使い続ける中で起こる変化を楽しむ家具として、軟木の性質が活きる家具を今後も作っていきたいと考えています。







あなたにオススメの記事

  • ホーム
  • 当店について
  • ブログ
  •  
  •  
  •